クレジットカード現金化で利用停止を防ぐ完全マニュアル | 安全に資金調達する極意

クレジットカード現金化で利用停止を防ぐ完全マニュアル | 安全に資金調達する極意

 

手軽に現金を用意できる画期的な方法であるクレジットカード現金化ですが、残念ながらカード会社の利用規約では禁止された行為です。

 

実際にJCBカードの利用規約にも下記のように記されているため、クレジットカード現金化がカード会社にバレると重いペナルティを受けることになってしまいます。

 

いくらお金が必要だと言ってもクレジットカードの利用停止は絶対に避けたいですよね・・・!

 

そこで、この記事ではクレジットカード現金化で利用停止を完全に防ぐ方法について、誰にでもわかりやすく説明していこうと思います。

 

クレジットカード現金化をするのであればカードの利用停止対策は必須と言えるほど大切なポイントなので、知らなかった方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

クレジットカード現金化が利用停止になる仕組みとは?

クレジットカード現金化が利用停止になる仕組みとは?

 

まずは現金化でクレジットカードが利用停止になる仕組みから説明しますね。

 

安全にクレジットカード現金化をする方法を深く理解するためには、クレジットカード現金化で利用停止になる仕組みを知っておくことが重要です。

 

それぞれの仕組みについて説明しますので、ざっくりと確認してみましょう。

 

  • 自動検知システムで監視されている
  • ショッピング枠現金化目的の利用は規約違反
  • カードが利用停止になったときのペナルティ

 

1.自動検知システムで監視されている

「現金化目的の取引を監視している」といっても従業員が目視で取引を確認しているわけではありません。全国の取引を手作業で確認するなんてできるわけありませんよね。

 

そのため、カード会社は自動検知システムを導入しており、以下の4つの特徴のある人を対象に取引を監視しているのです。

 

  • ショッピング枠を大量に使っている人
  • キャッシング枠を使い切っている人
  • 返済を延滞・滞納した経験がある人
  • 換金率の高い商品を購入している人

 

この特徴にひとつでも身に覚えがある人は利用停止予備軍と言っても過言ではありません。
とくに換金率の高い商品に関してはチェックが厳しいので注意しましょう。

 

換金率の高い商品の詳細はこちら

 

2.ショッピング枠現金化目的の利用は規約違反

冒頭でもお話ししましたが、クレジットカードのショッピング枠現金化は違法ではないものの、カード会社の利用規約に違反した行為です。

 

10.会員は、現金を取得することを目的として商品・権利の購入または役務の提供などにカードのショッピング枠、ショッピング残高枠(第19条第2項
に定めるものをいう。)を利用すること(以下「ショッピング枠現金化」という。)はできません。なお、ショッピング枠現金化には以下の方式等がありますが、現金を取得することを目的とするショッピング利用である限り、方式のいかんにかかわらず、禁止の対象となります

 

引用元:JCBカード利用規約

 

ほとんどのカード会社は、ショッピング枠を使った転売目的の商品購入を禁止しています。
仮に合法的な業者を利用した現金化でも、カード会社の規約に違反しているのでカードが利用停止になる可能性があります。

 

3.カードが利用停止になったときのペナルティ

クレジットカード現金化がカード会社に発覚すると、クレジットカードが使えなくなるだけでなく以下のペナルティも同時に受けることになります。

 

  • 同社でのクレジットカードが発行できなくなる
  • ショッピング枠利用分を一括請求される
  • 自身のクレジットヒストリー(信用情報)に履歴が残る

 

もし、クレジットカードの支払いを分割払い・リボ払いに選択していても、カードが利用停止になった場合は残額分をすべて一括で支払わなければなりません。

 

また、「クレジットカードが利用停止になった」という履歴がクレジットヒストリー(信用情報)に残るため新規のクレジットカード作成やローンの申し込みが難しくなります。

 

「クレジットヒストリーに履歴が残る=ブラックリストに載った状態」であり、この履歴は5年間残り続けます。
そのため、あとにかなりの悪影響が残ることになってしまうのです。

 

 

 

ここまでの内容でわかるように現金化行為はカード会社に厳しくチェックされており、発覚したときのペナルティも特大級です。

 

クレジットカード現金化をしたことが原因でブラックリストに載るようなことになったらと考えると震えるほど恐ろしいですよね・・・。

 

でも、安心してください!
実は、ポイントさえ押さえておけばカード会社に発覚することなく、安全にクレジットカード現金化をすることは決して難しいことではないのです!

 

次は安全にクレジットカード現金化をする方法について説明をします。

 

利用停止にならずに安全にクレジットカード現金化する方法

利用停止にならずに安全にクレジットカード現金化する方法

 

  • 換金業者を利用する
  • カードの利用限度額を超えた利用はしない
  • 疑われたときの対応を考えておく

1.換金業者を利用する

自分でクレジットカード現金化をする場合、

  1. 換金率の高い商品をカードで購入
  2. 購入した商品を他店舗で売却

といった手順で換金をしますが、先ほどもお話ししたように換金率の高い商品はカード会社の監視が厳しく、利用停止になる可能性が高いため購入するのは危険です。

 

ですので、クレジットカード現金化をするときは必ず専門の換金業者を利用しましょう。

 

換金業者を利用すれば換金率の高い商品を購入することもありませんし、安全に現金化ができるようにサポートもしてくれます。

 

リスクをぐっと下げられるので安全性を考えるなら換金業者の利用がオススメです。

 

自分でする現金化についてはこちら

 

2.カードの利用限度額を超えた利用はしない

クレジットカードの利用限度額以上の買い物をためす行為はそれだけで利用規約に違反した行為ですし、カード会社に目を付けられる原因にもなります。

 

クレジットカード現金化の利用額が限度額を超えないように注意しましょう。
取引の前にカード会社に問い合わせをして正確な限度額を確認するのが良いですね。

 

3.疑われたときの対応を考えておく

カード会社が取引を監視しているといっても、カード会社に怪しまれたら瞬間にカードが利用停止にされるわけではありません。

 

クレジットカードが利用停止になる前にカード会社より電話で「×月〇日にどのような目的で取引をしましたか?」など聞かれ、その返答・対応次第で判断されるのです。

 

ですので、しっかりと返答・対応ができれば利用停止は回避可能です。

 

クレジットカード現金化をする前に、カード会社に疑われたときの対応について考えておくと安心だと思いますよ。

 

また、カード会社に疑われたときの対応についてはかなり長くなってしまったので、別の記事にて詳しく紹介しています。興味のある方はこちらをご覧くださいね。

 

さらに詳しくはこちら

 

安全なカード現金化優良店を探すことも大切!

安全なカード現金化優良店を探すことも大切!

 

また、先ほど「利用停止を防ぐには換金業者を利用する」と説明しましたが、換金業者によって安全度が違うため、利用する換金業者を厳選することも大切です。

 

創業年数が長い換金業者を使ったほうが安全なのは当然ですし、安全である実績をもつ換金業者を使えばさらに利用停止のリスクを下げられます。

 

安全性を高めることにつながりますので、現金化では信頼できる換金業者を選びましょう。

 

ここからは、安心して現金化できるおすすめの優良現金化業者を3つご紹介します。

 

  • ナンバーワンクレジット
  • シークレット
  • 24キャッシュ

1.ナンバーワンクレジット

1.ナンバーワンクレジット

 

経験豊富なスタッフによる対応で、過去に金融事故が一切ない安心の現金化業者です。
ショッピング枠の範囲内なら現金化の限度額はありません。

 

個人情報は徹底的に管理されているので、情報漏えいの心配も不要。
最大98.8%の高還元率や最短5分のスピーディーな入金といった充実のサービスもナンバーワンクレジットの魅力です。

 

2.シークレット

2.シークレット

 

独自のシステムを導入して、安全な取引を実現しています。

 

外資系や銀行系のカードも熟知しているため、発行元や国際ブランドを問わず、安心して利用できます。
もちろん、過去にカードが利用停止になったケースは1度もありません。

 

最短10分での入金や、10人の法律専門家による安全性の保証など、現金化のさまざまな不安を解消してくれる手厚いサポートもシークレットの大きな特徴です。

 

3.24キャッシュ

3.24キャッシュ

 

成約率95%以上、リピート率93%以上の実績がある安心安全な現金化業者です。
即日のスピード入金にも対応しているので、少しでも早く現金が欲しいときにも活用できます。

 

審査は一切不要で誰にも知られず現金化ができるうえ、リボ払いや分割払いにも対応しています。

 

まとめ

まとめ

 

以上、クレジットカード現金化によるカードの利用停止について紹介しました。

 

クレジットカード現金化で利用停止にならないためには、ポイントをしっかりと理解した上で安全な方法を使って取引をすることが大切です。

 

これからクレジットカード現金化をしようと考えている方は、カードが利用停止にならないように注意して手続きを進めてみてくださいね。