クレジットカード現金化の危険性とリスク5選 | 安全に現金化する方法とは?

クレジットカード現金化の危険性とリスク5選 | 安全に現金化する方法とは?

 

この記事ではクレジットカード現金化の危険性とリスクについて解説していきます。

 

金欠で困ったときに便利な方法として重宝されているクレジットカード現金化ですが、実はクレジットカード現金化には危険性もあります。

 

クレジットカード現金化を「ただお金を借りれる方法」だと思って気軽に使ってしまうと返済しきれないほどの借金を抱えてしまうかもしれません・・・!

 

そんなことにならないためにも、まずはクレジットカード現金化をする前に危険性とリスクについて詳しく知っておくことが重要なんです。

 

  • 実質的な負担額が高い
  • 別途に金利がかかる
  • 悪質な業者も多い
  • クレジットカードが利用停止になる
  • 自己破産できなくなるリスク

 

ここではクレジットカード現金化の危険性やリスクをすべて包み隠さずに説明していきますので、ぜひ最後まで確認してみてくださいね。

 

クレジットカード現金化の仕組みについてはこちら

 

 

1.実質的な負担額が高い

1.実質的な負担額が高い

 

クレジットカード現金化には業者ごとに定められた手数料がかかり、利用者は10%~25%負担を受けることになります。

 

10%~25%と言われると実感がわかないかもしれませんが、利用額が10万円だとしたら負担額は1万円~2万5千円にまでなります。

 

これを年利に直すと120%~300%の暴利です。

 

クレジットカード現金化は急ぎの現金は用意できますが、金銭面から見ればかなり負担の大きい方法だと理解しておいたほうが良いでしょう。

 

換金率について詳しくはこちら

 

2.別途に金利がかかる

2.別途に金利がかかる

 

クレジットカード現金化では使ったショッピング枠の支払い方法を、

  • 一括払い
  • 分割払い
  • リボ払い

の3つから選ぶことができます。

 

そのため、「支払いの負担を楽にしたい」と思う方が分割払いやリボ払いを選択することも多いのですが、分割払いやリボ払いを選択するとカード会社への金利も発生します。

 

業者に手数料を支払った上で金利の支払いもするので実質的な負担額が増加します。

 

名目 負担額
手数料 10%~25%
カード金利 12%~15%
実質負担額 22%~40%

 

このようにクレジットカード現金化の返済方法を分割払い・リボ払いに設定すると多額の手数料を支払わないといけなってしまいます。

 

クレジットカード現金化は返済のことまで考えた上で利用することが大切です。

 

金利について詳しくはこちら

 

3.悪質な業者も多い

3.悪質な業者も多い

 

クレジットカード現金化には悪質な業者が多いことも忘れてはいけないデメリットです。

 

クレジットカード現金化では利用者からお金をだまし取ろうとする悪質業者が増加しており、「入金額を勝手に下げられた」「個人情報を悪用された」といった被害が相次いでいます。

 

また、騙された利用者としても「クレジットカード現金化をしてしまった」といった負い目があるため警察に通報しづらく、悪質業者はのばなしにされているのが現状です。

 

クレジットカード現金化をするときは悪質な業者に騙されることのないように効率的に優良店を見極めることが大切です。

 

業者を見極める方法についてはこちら

4.クレジットカードが利用停止になる

4.クレジットカードが利用停止になる

 

クレジットカード現金化は法律には違反していませんので違法ではありません。

 

しかし、クレジットカード会社の利用規約には違反した行為であるため、クレジットカード会社に現金化行為がバレるとクレジットカードは利用停止にされてしまいます。

 

利用停止にされたクレジットカードは今後使うことはできません。

 

また、新規でクレジットカードを申し込みをするときにも審査に悪影響を及ぼすため、新規でクレジットカードが作れなくなってしまう可能性があります。

 

利用停止について詳しくはこちら

 

5.自己破産ができなくなるリスク

5.自己破産ができなくなるリスク

 

返済しきれないほどの借金を抱えてしまったときに救済策である自己破産ですが、クレジットカード現金化の利用歴がある場合は注意が必要です。

 

実は、クレジットカード現金化で作った借金は自己破産をしても免責されないのです。
つまり、借金はなくならないということです。

 

これは『破産法第252条第1項』の「信用取引により商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分したこと」に該当しているためであり、どうあがいても借金は免責されません。

 

クレジットカード現金化で返しきれない借金を抱えてしまうと大変なことになってしまいますので、くれぐれも使いすぎには注意しましょう。

 

まとめ

まとめ

 

今回はクレジットカード現金化のリスクや危険性についてまとめさせて頂きました。

 

クレジットカード現金化は急ぎで現金が必要になったときにはとても便利な方法であることは間違いありませんが、同時にリスクの高い方法でもあります。

 

知らずに使いすぎてしまうと巨額の借金を抱えてしまうかもしれません。
クレジットカード現金化はリスクを理解した上で使いすぎにはくれぐれも注意しましょう。

 

【厳選3社】ショッピング枠現金化のおすすめ優良店一覧!

Switch【スイッチ】
おすすめ度:

評価5評価5 (10)

換金率 90%~最大98.8%
営業時間 9:00~19:00
  • 安全性100%
  • 初回特典あり
  • WEB取引対応
  • 5,000円贈呈
  • 即日入金可
ショッピング枠現金化にもっともオススメな換金業者がSwitch【スイッチ】
業界でも大手の換金業者なので知っている人も多いですよね。

Switch【スイッチ】は換金率のアベレージが高いことから「高換金率で現金化をしたい!」という方に高い支持を得ているショッピング枠現金化業者です。

最大換金率こそはナンバーワンクレジットのほうが高いものの、最低換金率が90%とかなり高いので少額でも高換金率で現金化ができます。

営業時間が短めなことから順位を落としていますが、9:00~19:00にショッピング枠現金化を検討しているなら充分に利用価値のある業者と言えるでしょう。

確実に他社より高い換金率で現金化ができるため、換金率で業者を選ぶならSwitch【スイッチ】が圧倒的におすすめです。
また、初回利用だとお得な特典も盛りだくさんなので換金率重視の方はSwitch【スイッチ】を選びましょう。
ナンバーワンクレジット
おすすめ度:

評価5評価4 (9)

換金率 最大98.8%
営業時間 9:00~23:00
  • 高換金率
  • 最短5分入金
  • WEB取引対応
  • 口コミで人気
  • リボ・分割払いOK
2位になったのは『ナンバーワンクレジット』

ナンバーワンクレジットは口コミでも高い評価を受けている換金業者で、好条件でショッピング枠現金化ができることから多くのユーザーが活用しています。

また、9:00~23:00までに申し込みをすれば平日・土日祝でも即日入金を完全保証してくれるので急ぎで現金が必要なときにも便利です。

はじめてショッピング枠現金化をする方はナンバーワンクレジットがおすすめです。

『最大換金率98.8%』で『最短5分』で入金されることから契約内容はまさしくナンバーワン。いつでも安定して資金調達ができることから口コミでも多くのユーザーから絶大な支持を得ています。
「どの業者を使ったらいいの?」と悩んでいる方は間違いなくナンバーワンクレジットが安定です!

ハピネス
おすすめ度:

評価5評価3 (8)

換金率 87%~98.8%
営業時間 24時間営業
  • 深夜も対応
  • 年中無休
  • WEB取引対応
  • 初回特典あり
  • 無料相談・見積りOK
3位にランクインしたのが『ハピネス』です。

ハピネスはその名のとおり、年中無休で24時間営業をしている換金業者でいつ問い合わせをしても即座に即日入金ができます。

また、接客対応についても口コミで話題になっており、専門スタッフがいつでも無料相談・見積りをしてくれます。接客対応の質の高さはピカイチと言えるでしょう。

深夜に急にお金が必要になったときはハピネスがおすすめです。

「いつでも使える」という利便性の高さからハピネスは業界最高水準のリピート率を実現しています。
また、換金率やスピードも優秀なので、「どうしても今すぐに現金が必要!」なんてときに強い味方になるのは間違いないでしょう。

当サイトの中でもとくに人気の記事を紹介します。
どの方法も金欠のときには確実に役立ちますので、即日中に現金が必要な方はこちらの記事も参考にしてみてください。