楽天ペイを使った現金化について解説

 

楽天ペイを使った現金化には致命的なデメリットがある!

 

今回は「楽天ペイでする現金化」について解説していきます。
楽天ペイとは、アプリや楽天IDだけでかんたんに支払いのできるサービスです。

 

ネットショッピングだけでなく、街中でのお買い物もスマホひとつで支払いができます。
対応サイト・店舗が多く、お買い物に使えるポイントが貯まるなど、使い勝手はいいです。

 

今回は、そんな楽天ペイを使った現金化について解説していきます。

 

結論を先に言っておきますと、致命的なデメリットがあるためおすすめできません。
記事の最後で、楽天ペイよりお得な現金化を紹介していますので、最後まで読んでみてください。

 

\急ぎでお金が必要な方はこちら!/

 

 

楽天ペイの基礎情報

 

楽天ペイの基礎情報

 

まずは、楽天ペイの基礎情報から確認していきましょう。

 

会社名

楽天ペイメント株式会社
Rakuten Payment, Inc.

設立 2019年4月1日
本社所在地 〒108-0075 東京都港区港南二丁目16番5号 NBF品川タワー
代表取締役社長 中村晃一
株主構成 楽天株式会社(100%)

 

超大手の楽天が提供しているサービスだけあって、知っている方もいるでしょう。
ご存知の方は『楽天ペイを使って現金化する方法』からご覧ください。

 

この記事では、知らない方のためにもサービス内容を詳しく紹介していきます。

 

  • チャージ不要の後払い決済
  • 支払いは3つの便利な方法
  • 全国のさまざまなお店で利用可能

 

チャージ不要の後払い決済

 

チャージ不要で後払いが可能

 

楽天ペイは、チャージ不要の後払い決済です。
設定した支払い元から、使った分だけ自動で引き落とされます。

 

だた、後払いが利用できるのは楽天市場でお買い物をした場合のみです。
コンビニやその他のサイトでは、利用できませんので使い勝手は悪いと思います。

 

また、支払い元に設定できるのは以下の3つだけです。
どれも、楽天系列のカードや口座が必要になります。

 

  • クレジットカード楽天の提携するカードに限ります。
  • 銀行口座楽天銀行の口座が必要です。
  • 楽天キャッシュ楽天の電子マネーです。

 

楽天ペイはチャージ不要の後払いサービスも提供していますが、楽天市場でのお買い物だけです。
後払いでお買い物がしたい方は、下記より楽天市場のサイトに移動できます。

 

 

支払いは3つの便利な方法

 

楽天ペイの3つの便利な支払い方法

 

楽天ペイは、支払いは便利な3つの方法があります。

 

  • QR払いお店側で発行されるQRコードを読み取ります。
  • コード払いアプリで発行されるQRコードを読み取ってもらいます。
  • セルフ払い支払うお店と金額を入力して支払いをします。

 

どの支払い方法もスマホアプリだけで利用できます。
手間なくかんたんに使えるのは、とても魅力的なサービスです。

 

楽天ペイの支払いは、スマホだけでできる3つの便利な方法になります。

 

全国のさまざまなお店で利用可能

 

全国のさまざまなお店で使える

 

楽天ペイは、全国のさまざまなお店で利用可能です。
現在では、5,000以上のサイトでオンライン決済ができます。

 

他のスマホ決済アプリに比べて、圧倒的に幅広く利用可能です。

 

とはいえ、どこでも使えるわけではありません。
ほしい商品を購入しようと思っても、対応していない場合はあります。

 

楽天ペイは全国のさまざまなお店で使えますが、すべてのサイト・店舗ではありませんので事前に確認しておきましょう。

 

 

楽天ペイを使って現金化する方法

 

楽天ペイを使って現金化する方法

 

楽天ペイを使って現金化する方法をご紹介します。
冒頭でも言ったように、おすすめはしていませんのであくまでも参考程度にしておいてください。

 

  • スマホから楽天ペイに登録メールアドレスや電話番号など自分の情報だけで、誰でも即時に登録ができます。
  • 対応サイト・店舗で商品を購入(後払いできるのは楽天市場のみ)対応しているサイトや店舗の中から、換金率の高い商品を購入してください。
  • 専門に扱う業者に買取ってもらう購入した商品の買取をする業者を探して、現金で買い取ってもらいます。

 

楽天ペイに関わらず現金化では、商品を購入・転売によって現金化が可能です。

 

一見すると、問題なく現金化できそうですが致命的なデメリットがあります。
楽天ペイを使って現金化するデメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

楽天ペイを使って現金化するデメリット

 

楽天ペイを使って現金化するデメリット

 

楽天ペイを使って現金化するのは、致命的なデメリットがありますのでご確認ください。

 

  • 後払いができるのは楽天市場のみ
  • 当日中に現金化するのは難しい
  • 換金率が50%を下回る場合もある

 

このようなデメリットがあるため、楽天ペイを使って現金化するのはおすすめしません。
どのようなことなのか、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

 

後払いができるのは楽天市場のみ

 

>後払いができるのは楽天市場のみ

 

楽天ペイでは、後払いサービスが適用されるのは楽天市場のみです。
商品を購入するお金に余裕があるのであれば、初めから現金化はしないと思います。

 

現金化するなら、クレジットカードのように後払いできなければ意味がありませんよね。

 

楽天ペイで現金化するには、実質的に使えるサイトが楽天市場だけです。
現金化に使える高換金率の商品が楽天市場にない場合、損を覚悟で利用するしかありません。

 

お得に現金化したい方は、記事の最後で紹介している別の方法でご利用ください。

 

 

当日中に現金化するのは難しい

 

当日中に現金化するのは難しい

 

楽天ペイを使った場合、当日中に現金化するのは難しいです。
今すぐにお金が必要なのであれば、不便ですよね。

 

楽天ペイを使って現金化するには、商品を購入・転売が必要です。
オンラインで商品を購入した場合、到着までに2,3日かかります。

 

商品を買取ってくれる業者も自分で探さなければなりません。
買取業者が近くにないときは、車や電車での移動が必要です。

 

手間もかかりますし、なにより時間がかかり過ぎてしまいます。
楽天ペイを使って現金化する場合、商品の到着を待ち・業者を探す必要があるため、当日中にお金を用意するのは難しいです。

 

換金率が50%を下回る場合もある

 

換金率が50%を下回る場合もある

 

楽天ペイで現金化をする場合、換金率が50%を下回る場合もあります。
10,000円で購入した商品を5,000円で売却するのは、損としか言えません。

 

どうして換金率が低いのかと言いますと、高換金率で取引されている金券やギフト券を楽天ペイでは購入できないからです。
換金率の低い商品をいくら買い取ってもらっても損をするだけですよね。

 

ブランド品やゲーム機は高換金率で取引される場合もありますが、流行りに左右される商品です。
ある程度の知識がない方では、どんな商品がどれだけの価値があるのか分からないと思います。

 

楽天ペイを使って現金化する場合、高換金率で取引される金券やギフト券は購入できないため、実際に手にできるのは利用額の50%前後です。

 

まとめ

 

楽天ペイを使って現金化するよりおすすめの方法を紹介!

 

今回は、楽天ペイを使った現金化について解説してきました。
冒頭でもいったとおり、致命的なデメリットがあるためおすすめはできません。

 

楽天ペイ自体は、全国どこでもかんたんに後払い決済のできる良いサービスだと思います。

 

しかし、換金率が低く現金を用意するまで時間がかかるので現金化には向いていません。
なによりも、後払いで利用できるのが楽天市場だけでは不便すぎます。

 

即日で数万円が必要なのであれば『バンドルカードで現金化』してみてはいかがでしょうか。
バンドルカードは、スマホアプリにチャージして使うVISA対応のプリペイドカードです。

 

登録に審査はいらないので、誰でも当日のうちに2万円が手に入ります。
事前準備不要なので、今すぐにお金が必要な方におすすめの現金化方法です。

 

バンドルカードの作り方や詳しい現金化の方法については、下記の記事からご確認ください。

 

\即日で2万円をGET!/

【厳選3社】ショッピング枠現金化のおすすめ優良店一覧!

Switch【スイッチ】
おすすめ度:

評価5評価5 (10)

換金率 90%~最大98.8%
営業時間 9:00~19:00
  • 安全性100%
  • 初回特典あり
  • WEB取引対応
  • 5,000円贈呈
  • 即日入金可
ショッピング枠現金化にもっともオススメな換金業者がSwitch【スイッチ】
業界でも大手の換金業者なので知っている人も多いですよね。

Switch【スイッチ】は換金率のアベレージが高いことから「高換金率で現金化をしたい!」という方に高い支持を得ているショッピング枠現金化業者です。

最大換金率こそはナンバーワンクレジットのほうが高いものの、最低換金率が90%とかなり高いので少額でも高換金率で現金化ができます。

営業時間が短めなことから順位を落としていますが、9:00~19:00にショッピング枠現金化を検討しているなら充分に利用価値のある業者と言えるでしょう。

確実に他社より高い換金率で現金化ができるため、換金率で業者を選ぶならSwitch【スイッチ】が圧倒的におすすめです。
また、初回利用だとお得な特典も盛りだくさんなので換金率重視の方はSwitch【スイッチ】を選びましょう。
ナンバーワンクレジット
おすすめ度:

評価5評価4 (9)

換金率 最大98.8%
営業時間 9:00~23:00
  • 高換金率
  • 最短5分入金
  • WEB取引対応
  • 口コミで人気
  • リボ・分割払いOK
2位になったのは『ナンバーワンクレジット』

ナンバーワンクレジットは口コミでも高い評価を受けている換金業者で、好条件でショッピング枠現金化ができることから多くのユーザーが活用しています。

また、9:00~23:00までに申し込みをすれば平日・土日祝でも即日入金を完全保証してくれるので急ぎで現金が必要なときにも便利です。

はじめてショッピング枠現金化をする方はナンバーワンクレジットがおすすめです。

『最大換金率98.8%』で『最短5分』で入金されることから契約内容はまさしくナンバーワン。いつでも安定して資金調達ができることから口コミでも多くのユーザーから絶大な支持を得ています。
「どの業者を使ったらいいの?」と悩んでいる方は間違いなくナンバーワンクレジットが安定です!

ハピネス
おすすめ度:

評価5評価3 (8)

換金率 87%~98.8%
営業時間 24時間営業
  • 深夜も対応
  • 年中無休
  • WEB取引対応
  • 初回特典あり
  • 無料相談・見積りOK
3位にランクインしたのが『ハピネス』です。

ハピネスはその名のとおり、年中無休で24時間営業をしている換金業者でいつ問い合わせをしても即座に即日入金ができます。

また、接客対応についても口コミで話題になっており、専門スタッフがいつでも無料相談・見積りをしてくれます。接客対応の質の高さはピカイチと言えるでしょう。

深夜に急にお金が必要になったときはハピネスがおすすめです。

「いつでも使える」という利便性の高さからハピネスは業界最高水準のリピート率を実現しています。
また、換金率やスピードも優秀なので、「どうしても今すぐに現金が必要!」なんてときに強い味方になるのは間違いないでしょう。

当サイトの中でもとくに人気の記事を紹介します。
どの方法も金欠のときには確実に役立ちますので、即日中に現金が必要な方はこちらの記事も参考にしてみてください。