クレヒス(クレジットヒストリー)の詳細と回復までの年数・方法

クレヒス(クレジットヒストリー)の詳細と回復までの年数・方法

 

クレジットカードの作成やローンの審査に欠かせないクレヒス(クレジットヒストリー)。

 

「名前は聞いたことがあるけど、詳しくはわからない」という方も多いのではないでしょうか。

 

今回はクレヒス(クレジットヒストリー)の概要と重要度について解説します。

 

クレヒスが悪くなることによる影響やクレヒスの回復方法も紹介しますので、クレジットカードの作成やローンの申し込みを考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 

クレヒス(クレジットカードヒストリー)ってなんのこと?

クレヒス(クレジットカードヒストリー)ってなんのこと?

 

クレジットカードを契約すると、取引履歴や支払状況が克明に記録されていきます。
このような情報は「クレヒス(クレジットヒストリー)」と呼ばれ、国内3つの信用情報機関に登録、保存されるのです。

 

なお、クレヒスにはクレジットカード利用中の支払い遅延はもちろん、任意整理や自己破産といった金融事故の情報もすべて登録されます。

 

各情報機関の概要と、遅延や自己破産の記録が保存される期間を比べてみましょう。

 

機関名 加盟会社 長期延滞 自己破産
CIC

カード会社・消費者金融・携帯電話会社

5年 5年
JICC

貸金業者・保証会社・リース会社

1年 5年
KSC

銀行・信用金庫・信用組合

5年 10年

 

たとえば、クレジットカードの支払いを長期延滞すると、その記録はCICに5年間も残ります。

 

CICには携帯電話会社も登録しているので、分割購入したスマホの支払いが遅れても遅延の記録が残ってしまいます。学生の奨学金もクレヒスの対象です。

 

3か月以上の奨学金未払いがあるとクレヒスに遅延履歴が残ります。

 

このように、キャッシングやクレジットカードを利用していなくても、クレヒスに悪い情報が残ることがあるので注意しましょう。

 

なお、各信用情報機関には、下記のような情報も記録されます。

 

  • 氏名、生年月日、住所、勤務先などの個人情報
  • 年間請求予定額
  • 割賦残債額
  • 住宅ローンの契約内容

 

基本的には、「信用取引に関わるすべての情報がクレヒスに記録される」と考えていいでしょう。

 

クレヒス(クレジットカードヒストリー)が悪いとどうなるの?

クレヒス(クレジットカードヒストリー)が悪いとどうなるの?

 

クレヒスには、下記のような細かい支払い情報も書き込まれます。

 

  • 指定日に入金がなかった。
  • 請求額の一部だけ入金があった。
  • 契約者以外から入金があった。

 

このような「悪いクレヒス」は、さまざまな影響を及ぼします。
詳しく見ていきましょう。

 

1.審査に通りづらくなる

クレジットカードやローンの審査では、必ずクレヒスが確認されます。

 

このときに遅延の履歴があれば「きちんと支払ってくれない人」と判断されて、審査に通りにくくなるのです。

 

なお、各信用情報機関のデータは共有されるため、携帯電話料金の支払い遅延が原因で銀行ローン審査に落ちることがあります。

 

2.ブラック債務者になることも

カード会社によって異なりますが、一般的には支払いの遅延が61日以上、または3か月を超えると長期延滞として「異動」という文字がクレヒスに書き込まれます。

 

これが、いわゆる「ブラックリストに載った状態」です。
ブラックリストに載ると銀行ローンやクレジットカードの審査通過だけではなく、携帯電話の契約も難しくなります。

 

最悪だと、保有しているクレジットカードや契約しているローンが強制解約になります。

 

クレジットカード会社や銀行は、審査のときだけではなく、契約後も定期的に信用情報をチェックしているのです。

 

クレヒス(クレジットカードヒストリー)を回復させる方法は?

クレヒス(クレジットカードヒストリー)を回復させる方法は?

 

ここでは、クレヒスを回復させるための具体時な方法を紹介します。

 

支払い遅延や自己破産などの金融事故を起こしてしまった人は、ぜひ参考にしてください。

 

1.良いクレヒスを積み立てる

悪いクレヒスは一定期間消えないので、良いクレヒスを積み立てていくことが大切です。
クレヒスをすぐに回復させる裏技はありません。

 

時間はかかりますが指定日にきちんと支払いをしていけば、自然と信用は回復していきます。

 

  • 支払いの延滞・遅延をしない
  • 未納分のお金を返済する
  • 新規で借金をしない

 

以上を守っていればクレヒスは改善されますので回復させたい方は以上の3つを心がけていくのが良いでしょう。

 

2.クレヒス情報が消える5年間待つ

ブラックリストに載ってしまった場合は、5年が経過して記録が消えるのを待つしかありません。

 

なお、記録が消えるのは「ブラックリスト入りした日から5年間」ではなく、「完済した日から5年間」なので注意しましょう。

 

クレヒス(クレジットカードヒストリー)は大切に!

クレヒス(クレジットカードヒストリー)は大切に!

 

クレジットカード会社や銀行は「貸したお金をきちんと返してくれる人かどうか」を気にします。

 

過去に遅延をしたり、自己破産をしていたりすれば、「お金を貸したくない」と思われるのは当然でしょう。

 

クレヒスは、あくまでも「信用」です。
信用を築くには時間がかかりますが、良いクレヒスへの最短距離であることに間違いはありません。

 

一度傷ついたクレヒスの回復は大変なので、毎月の返済遅れがないようにしていきましょう。

 

【厳選3社】ショッピング枠現金化のおすすめ優良店一覧!

Switch【スイッチ】
おすすめ度:

評価5評価5 (10)

換金率 90%~最大98.8%
営業時間 9:00~19:00
  • 安全性100%
  • 初回特典あり
  • WEB取引対応
  • 5,000円贈呈
  • 即日入金可
ショッピング枠現金化にもっともオススメな換金業者がSwitch【スイッチ】
業界でも大手の換金業者なので知っている人も多いですよね。

Switch【スイッチ】は換金率のアベレージが高いことから「高換金率で現金化をしたい!」という方に高い支持を得ているショッピング枠現金化業者です。

最大換金率こそはナンバーワンクレジットのほうが高いものの、最低換金率が90%とかなり高いので少額でも高換金率で現金化ができます。

営業時間が短めなことから順位を落としていますが、9:00~19:00にショッピング枠現金化を検討しているなら充分に利用価値のある業者と言えるでしょう。

確実に他社より高い換金率で現金化ができるため、換金率で業者を選ぶならSwitch【スイッチ】が圧倒的におすすめです。
また、初回利用だとお得な特典も盛りだくさんなので換金率重視の方はSwitch【スイッチ】を選びましょう。
ナンバーワンクレジット
おすすめ度:

評価5評価4 (9)

換金率 最大98.8%
営業時間 9:00~23:00
  • 高換金率
  • 最短5分入金
  • WEB取引対応
  • 口コミで人気
  • リボ・分割払いOK
2位になったのは『ナンバーワンクレジット』

ナンバーワンクレジットは口コミでも高い評価を受けている換金業者で、好条件でショッピング枠現金化ができることから多くのユーザーが活用しています。

また、9:00~23:00までに申し込みをすれば平日・土日祝でも即日入金を完全保証してくれるので急ぎで現金が必要なときにも便利です。

はじめてショッピング枠現金化をする方はナンバーワンクレジットがおすすめです。

『最大換金率98.8%』で『最短5分』で入金されることから契約内容はまさしくナンバーワン。いつでも安定して資金調達ができることから口コミでも多くのユーザーから絶大な支持を得ています。
「どの業者を使ったらいいの?」と悩んでいる方は間違いなくナンバーワンクレジットが安定です!

ハピネス
おすすめ度:

評価5評価3 (8)

換金率 87%~98.8%
営業時間 24時間営業
  • 深夜も対応
  • 年中無休
  • WEB取引対応
  • 初回特典あり
  • 無料相談・見積りOK
3位にランクインしたのが『ハピネス』です。

ハピネスはその名のとおり、年中無休で24時間営業をしている換金業者でいつ問い合わせをしても即座に即日入金ができます。

また、接客対応についても口コミで話題になっており、専門スタッフがいつでも無料相談・見積りをしてくれます。接客対応の質の高さはピカイチと言えるでしょう。

深夜に急にお金が必要になったときはハピネスがおすすめです。

「いつでも使える」という利便性の高さからハピネスは業界最高水準のリピート率を実現しています。
また、換金率やスピードも優秀なので、「どうしても今すぐに現金が必要!」なんてときに強い味方になるのは間違いないでしょう。

当サイトの中でもとくに人気の記事を紹介します。
どの方法も金欠のときには確実に役立ちますので、即日中に現金が必要な方はこちらの記事も参考にしてみてください。