自分でクレジットカード現金化する方法と注意点【業者を使わない】

自分でクレジットカード現金化する方法と注意点をまとめてみた

 

ここでは、クレジットカード現金化を自分でする方法をご紹介します。

 

  • 「よくわからない業者に申込むのは不安・・・」
  • 「できれば業者を使わずに現金化したい」
  • 「確実に今すぐお金がほしい」

突然ですが、あなたはこのように考えていませんか?

 

初めてのクレジットカード現金化だと業者に申し込みをするのが不安になりますよね。

 

そんなあなたに知っておいてほしいのが自分でクレジットカード現金化をする方法です。

 

業者を使わなければできないと思われることの多いクレジットカード現金化ですが、実は一手間かけるだけで業者を使わずにもできるんです!

 

もちろん、難しい手順は一切なく、誰でも簡単にクレジットカード現金化が利用できますよ。

 

ここでは、自分でクレジットカード現金化をするときの詳しい手順やポイント、注意点をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいませ!

 

 

自分でクレジットカード現金化をする方法

自分でクレジットカード現金化をする方法

 

自分でクレジットカード現金化をするとなるとYahooオークションや楽天市場を使って換金すると思われる方も多いと思います。

 

最近ではメルカリを使った現金化も有名ですよね。

 

しかし、Yahooオークションやメルカリを使った現金化だと商品の落札までに時間がかかってしまうため即日現金化はできません。

 

ですので、自分でするクレジットカード現金化は自分で店舗に出向いて換金するのが一般的な方法とされているのです。

 

では、その手順に併せてさらに詳しくご紹介していきましょう。

 

@.買取価格の高い商品をカードで購入する

まずは買取価格の高い商品をクレジットカードで購入します。

 

今やどんな商品でもインターネットで簡単に買取価格の確認ができますので、まずはそちらを見て商品を決めましょう。

 

また、このときは買取価格が原価に近い商品を選ぶことが重要です。

 

具体的な商品は後でご紹介しますので、自分でクレジットカード現金化をされる方は商品も確認しておいてくださいね。

 

A.購入した商品を売却する

次にクレジットカードで購入した商品を売却します。

 

購入した商品を高く買い取ってくれる店舗を探して商品を持ち込みましょう。

 

また、このときに売却する店舗はTSUTAYAや大黒屋など数多くの商品の買取に対応している店舗が便利です。

 

その場で現金が受け取れますので近くの店舗を調べてみましょう。

 

自分でクレジットカード現金化をするときの商品

自分でクレジットカード現金化をするときの商品

 

自分でクレジットカード現金化をする場合、商品は何でも良いワケではありません。

 

買取価格がそのまま手元に残る金額にもなりますので、換金率を高めるためにも原価に近い金額で売却できる商品を選ぶことが重要なのです。

 

では、その原価に近い金額で売却できる商品とは何があるのでしょうか?

 

一般的にクレジットカード現金化向きと言われている商品は以下の3種類です。

  1. 新幹線チケット・回数券
  2. iTunesカード
  3. amazonギフト券

どれを選んでもクレジットカード現金化は可能ですが、商品によって特徴が異なりますので確認しておいたほうが良いでしょう。

 

それぞれの商品の特徴を説明いたします。

 

@.新幹線チケット・回数券

新幹線チケット・回数券はJRで購入できる最も一般的な商品です。

 

JRのみどりの窓口で購入して金券ショップに持ち込むだけなので簡単ですよね。

 

ただし、クレジットカードによっては新幹線チケット・回数券を大量に購入するのは利用規約違反となる可能性もあります。

 

当然、クレジットカードは利用停止にされてしまいますし、換金目的での利用がバレれば会員資格を剥奪されることも考えられます。

 

簡単な代わりにリスクの大きい商品でもありますので自己責任でご利用ください。

 

【関連記事】
新幹線チケットでする現金化即日の利用停止は解除が可能

 

A.iTunesカード

iTunesカードは携帯キャリア決済の現金化をしたい方に需要のある商品です。

 

換金率こそは70%〜85%とあまり高い数値ではありませんが、キャリア決済での購入が可能であり、買取業者に売却することでカードなしでも現金を用意することが可能です。

 

「お金が必要だけどショッピング枠がない!」なんてときはiTunesカードを購入するのが良いかもしれませんね。

 

また、iTunesカードは携帯会社によって購入方法が異なります。
詳しい購入内容に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

 

【関連記事】

 

B.amazonギフト券

自分でするクレジットカード現金化で一番人気の商品がこのamazonギフト券です。

 

amazonギフト券とは、amazon.co.jpで使えるギフト券のことで、換金率90%〜95%で取引がされています。

 

また、amazonギフト券自体も簡単に購入ができますし、購入時にすぐにギフトコードがメールで送られてくるので即日現金化に対応しているのも魅力のひとつですね。

 

ただし、通常の金券ショップではamazonギフト券の買取はおこなっていません。

 

そのため、amazonギフト券の専門買取業者を使って換金をすることになります。

 

一番人気の高い方法ではありますが、業者に依頼する必要がありますので、その点だけは注意してくださいね。

 

【関連記事】
amazonギフト券を現金化即日するときの3つの注意点まとめ

 

自分でクレジットカード現金化をするデメリット/注意点

自分でクレジットカード現金化をするデメリット/注意点

 

自分でするクレジットカード現金化はわずかな手間で即日中の利用が可能です。

 

しかし、自分でするクレジットカード現金化はメリットばかりではなく、デメリットもあります。

 

デメリットを知らないで活用してしまうとトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、デメリットも確認しておくのが良いでしょう。

 

@.換金率が低くなる可能性がある

自分でするクレジットカード現金化は買取価格=換金率なので、商品の価値が下がると換金率も下がってしまいます。

 

そのため、換金率が業者を使ったとき以上に低くなってしまうこともあるのです。

 

時期によっては業者に依頼をしたほうが得なこともあります。

 

そこまで大きな違いではありませんが、少しでも高い換金率で取引をしたい方は覚えておいたほうが良いでしょう。

 

A.営業時間内しか活用できない

クレジットカードで買った商品を売却して換金をするため、店舗の営業時間内でなければこちらの方法は活用できません。

 

自分で商品を買いに行って売却する手間を考えると、全作業で3時間ほどかかります。

 

即日現金化ができない可能性もありますので時間に余裕がないときは業者に申し込みをするのも良いかもしれませんね。

 

まとめ

 

今回は自分でクレジットカード現金化をする方法や商品をまとめさせて頂きました。

 

難しそうだと思われることの多いクレジットカード現金化ですが、自分でする場合は商品を買って売るだけのシンプルな仕組みです。

 

自分で現金化すれば悪質な業者の詐欺被害に遭うこともありませんので、最も安全な方法と言っても過言ではないでしょう。

 

ただし、換金率が低かったり即日現金化ができなかったりといったトラブルも充分に考えられますので、その点に関しては注意が必要です。

 

今すぐにお金が必要なときは専門業者を使った方法がオススメです。

 

専門業者を使えば24時間いつでも即日現金化が可能です。
また、申込みをするだけで手間が一切かからないのも利点のひとつですね。

 

口コミで評判の高い業者であれば「騙された!」なんてことにはなりませんので、一度使ってみるのも良いと思いますよ。

 

高換金率で即日入金に対応している優良店はこちらのランキングでご紹介しています。

 

業者を使ってクレジットカード現金化をしたい方はぜひこちらのランキングを参考に業者を選んでみてくださいね。